top of page
DSC_2971-01_edited.jpg

日本野鳥の会
北九州支部

野鳥も人も地球のなかま

日本野鳥の会北九州支部は、「野鳥も人も地球のなかま」を合言葉に、
野鳥を通じて自然を守る活動を続ける自然保護団体です。
北九州市と近郊地域を主な活動範囲として、毎月各地での探鳥会開催のほか、
野鳥の調査・研究、保護活動、会報「北九州野鳥」の発行を行っています。

ホーム: ようこそ!

わたしたちの活動

1715591828654.jpg

探鳥会

年間40回程度開催しています。

毎月第一日曜日は、北九州市内で最も多くの野鳥が観察できる曽根海岸で開催しています。

その他、市内やその近郊の山野や貯水池などでかわいい小鳥のしぐさや美しい鳴き声、勇壮なタカ類の渡りの様子などを観察しています。

 

  • 探鳥会は会員外の参加者大歓迎しています。

  • 初心者の方でも、ベテラン会員が丁寧に案内します。

 

IMG_1427.JPG

​​曽根干潟の清掃活動

 

北部九州に残された最大級の干潟、曽根干潟とその後背地(曽根新田)の清掃活動を行っています。

海鳥やカメ、イルカ、魚たちに深刻な影響を与えているプラスチックを重点的に回収。

毎年4月の第一日曜日は「干潟・湿地を守る日」に賛同して、北九州支部主催の清掃探鳥会を実施。

また6月と9月には曽根東小学校主催の「曽根干潟クリーン作戦」に協力しています。

 

開催予定の探鳥会

  • 吉志林道【早朝探鳥会】
    吉志林道【早朝探鳥会】
    5月26日(日)
    北九州市
    2024年5月26日 7:00 – 10:00
    北九州市, 日本、〒800-0114 福岡県北九州市門司区吉志1丁目3−11
    2024年5月26日 7:00 – 10:00
    北九州市, 日本、〒800-0114 福岡県北九州市門司区吉志1丁目3−11
    集合場所:ゆめマート恒見駐車場 少雨決行 雨具準備
  • 遠賀川・中島
    遠賀川・中島
    6月02日(日)
    中間市
    2024年6月02日 9:00 – 12:00
    中間市, 日本、〒809-0001 福岡県中間市垣生670−1
    2024年6月02日 9:00 – 12:00
    中間市, 日本、〒809-0001 福岡県中間市垣生670−1
    集合場所:仰木彬球場駐車場 雨天中止
  • 曽根海岸
    曽根海岸
    6月02日(日)
    北九州市
    2024年6月02日 9:00 – 12:00
    北九州市, 日本、〒800-0219 福岡県北九州市小倉南区曽根新田北2丁目4
    2024年6月02日 9:00 – 12:00
    北九州市, 日本、〒800-0219 福岡県北九州市小倉南区曽根新田北2丁目4
    集合場所:西鉄曾根新田バス停のある信号から海側に入ってすぐ左の駐車場 雨天中止
  • 皿倉山
    皿倉山
    6月07日(金)
    北九州市
    2024年6月07日 9:00 – 12:00
    北九州市, 日本、〒805-0057 福岡県北九州市八幡東区尾倉1481−1
    2024年6月07日 9:00 – 12:00
    北九州市, 日本、〒805-0057 福岡県北九州市八幡東区尾倉1481−1
    集合場所:皿倉山ケーブル山麓駅 雨天中止 軽登山の服装
  • 平尾台
    平尾台
    6月09日(日)
    北九州市
    2024年6月09日 9:00 – 12:00
    北九州市, 日本、〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台1丁目4−40
    2024年6月09日 9:00 – 12:00
    北九州市, 日本、〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台1丁目4−40
    集合場所:平尾台自然観察センター前駐車場 雨天中止 弁当飲み物持参
  • 正八幡神社(行橋市)
    正八幡神社(行橋市)
    6月22日(土)
    行橋市
    2024年6月22日 18:00 – 19:00
    行橋市, 日本、〒824-0007 福岡県行橋市神田町8−1
    2024年6月22日 18:00 – 19:00
    行橋市, 日本、〒824-0007 福岡県行橋市神田町8−1
    集合場所:18:00正八幡神社駐車場 雨天中止

*探鳥会について*

○参加費は100円です。(中学生までは無料)

○筆記用具、双眼鏡があればご準備ください。

○会員でない方、初心者の方も大歓迎です。

​○感染対策をしてご参加ください。

  ご不明な点がある場合は、メールにてお問い合わせください。

前田 shijukarakara@gmail.com

磯部 sabannashitodo@jcom.zaq.ne.jp   

​ー探鳥会年間予定ー
画像4.png
画像.png
ホーム: 活動内容
ホーム: 活動内容
ビオトープ便り

今年も響灘ビオトープではベッコウトンボが見られました。4月上旬に初認され、この原稿を書いている5月上旬でもまだ確認されています。個人的な印象では、昨年より多いように感じます。開園から11年、最初の頃のような大発生は見られなくなりましたが、なんとか全滅させることなく今に至っています。

チュウヒも繁殖してくれそうです。これからも絶えることなく生物の楽園であり続けたいと思っています。

〈野鳥情報〉

4月15日ホウロクシギ、コムクドリ20+、19日アカハラ、27日サンカノゴイ、5月1日ムナグロ、9日セイタカシギ、タカブシギ、コアオアシシギを確認。

≪響灘ビオトープ野鳥観察会≫

偶数月は第2土曜日、奇数月は第2日曜日に開催。午前9:15スタート、11:30位まで。

次回は6月8日(土)(荒天中止)。双眼鏡の無料貸し出しあります。

響灘ビオトープ:三上 剛

画像1.png
未来へ残そう曽根干潟

北九州市の生物多様性において最も重要な

曽根干潟の自然を守っていきましょう!

ハサミを上げ下げしているカニ、それを狙って駆け寄るシギ、砂の上には無数のウミニナ。春や秋にはシギ・チドリ類など多くの渡り鳥が翼を休め、冬には海上を漂うカモ類の群れを見ることができます。

干潟は私たちの生活と密接な関係を持ち、漁業の上でも資源を確保し、育てる場所として大切です。自然の浄化槽として都市とそこに住む人々を支えています。そして、リクレーションと環境教育の優れた教室といえます。

              逸見泰久「和白干潟の生きものたち」より

左は夏羽、右は冬羽のズグロカモメ

​ラブラブ?なダイシャクシギ

​大型カモのツクシガモ

絶滅が危ぶまれるクロツラヘラサギ

生きた化石と呼ばれるカブトガニ

自然の海岸がほとんどなくなってしまった北九州市に、奇跡的に残されていた曽根干潟は、最大干出面積517ヘクタール、北部九州に残された広大な干潟です。後背地は住宅地、水田、草地などが広がり、その間を竹馬川、大野川、貫川、朽網川の4本の河川が流れ、曽根干潟に流入しています。この河川の流入によって、干潟の塩分濃度を微妙に調整し、多様な底生生物相を形成する水域をつくっています。曽根干潟の生物相は豊かで、その種類、数は曽根干潟の重要性の指標となっており、ラムサール条約登録の条件をもクリアーしています。

画像2.jpg

カニをゲット!

ズグロカモメ

曽根干潟は北九州市内で最も多くの

野鳥が観察できるところ。

毎月第一日曜に定例探鳥会を開催中。

画像3.jpg

ハクセンシオマネキ

写真提供:S.Takahashi

今年もオオソリハシシギのAKBが曽根にやって来た!

「曽根にAKBが来た」というと、子どもたちから「えーっ?!」とか「うそーっ」とか歓声が上がったものでした。最近はアイドルグループAKB48の人気が下火になってきたせいか、以前より反応が薄くなりましたが、それでも実際にその姿を見てオーストラリアから来たと聞くと、感動の声が上がります。

このAKBさんは、2012年2月11日、オーストラリア南東部ヴィクトリア州のフィリップ島でフラッグ(標識)を装着され放鳥されたそうです。その時は2歳だったそうですから、2010年生まれということになり、今年で14歳になるようです。シギ類の寿命は一般に8年~10年と言われているようですが、ソリハシシギの17年という記録もあるようです。それからすると、AKBさんはなかなかのご長寿といえるのではないでしょうか。このAKBさんは各地で巡業歴を残して、名前もメジャーになっている?のではないかと思いますが、ちなみにこの子はオスです。そして、わが曽根干潟では2015年4月13日が初デビューです。それ以降、毎年春には旅の途中で立ち寄り、曽根干潟を定宿にしてくれています。初デビューから今年でなんと10年目です。すっかり曽根干潟の常連さんになっています。曽根干潟で熱心に観察されている方によると、一昨年と昨年は4月12日、今年の初認は4月15日だったそうです。

一方、チュウシャクシギの初認は4月6日でした。4月中旬になって日ごとに数が増えていき、4/26日現在でチュウシャクシギが約450羽、オオソリハシシギが60羽で、オオソリハシシギの数が昨年より減少しています。

さて、AKBさんを含むオオソリハシシギさん達は5月中旬くらいまで滞在し、オーストラリアからの長旅の疲れを癒し、栄養補給をしたら、今度は繁殖地のアラスカまで旅をしなければなりません。温暖化の影響で繁殖地の永久凍土地帯の植物の開花や昆虫の発生のタイミングが早まり、繁殖子育てに影響が出ているという話しも聞きます。今年見られた例年にない早い時期の渡りは、それに対応しようとしたグループだったのだろうかと思ったりしましたが、後発グループの旅の無事と繁殖がうまくいくことを祈りたいと思います。そして秋にはこちらには立ち寄ることなく、ハワイ沖の太平洋上空を、アラスカからオーストラリアまでの12000㎞を9日間ほどかけて、飲まず食わず休憩することなく一気に飛ぶそうです。

来年の春も、また曽根干潟でAKBに会える奇跡を楽しみにしたいと思います。

曽根干潟だより

画像1.png

写真提供:S.Takahashi

マナーを守って野鳥観察をもっと楽しもう

鳥たちにも鳥たちの生活があります。
お邪魔させてもらう気持ちで観察や撮影を楽しみたいものです。
では、どのようなポイントがあるのでしょう。

ホーム: テキスト
bottom of page