Untitled

日本野鳥の会
北九州支部

野鳥も人も地球のなかま

日本野鳥の会北九州支部は、「野鳥も人も地球のなかま」を合言葉に、
野鳥を通じて自然を守る活動を続ける自然保護団体です。
北九州市と近郊地域を主な活動範囲として、毎月各地での探鳥会開催のほか、
野鳥の調査・研究、保護活動、会報「北九州野鳥」の発行を行っています。

 

わたしたちの活動

19%E5%B9%B4%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92%E2%91%A1_edited.jpg

探鳥会

年間40回程度開催しています。

毎月第一日曜日は、北九州市内で最も多くの野鳥が観察できる曽根海岸で開催しています。

その他、市内やその近郊の山野や貯水池などでかわいい小鳥のしぐさや美しい鳴き声、勇壮なタカ類の渡りの様子などを観察しています。


  • 探鳥会は会員外の参加者大歓迎しています。

  • 初心者の方でも、ベテラン会員が丁寧に案内します。


IMG_1427.JPG

​​曽根干潟の清掃活動


北部九州に残された最大級の干潟、曽根干潟とその後背地(曽根新田)の清掃活動を行っています。

海鳥やカメ、イルカ、魚たちに深刻な影響を与えているプラスチックを重点的に回収。

毎年4月の第一日曜日は「干潟・湿地を守る日」に賛同して、北九州支部主催の清掃探鳥会を実施。

また6月と9月には曽根東小学校主催の「曽根干潟クリーン作戦」に協力しています。


 

​探鳥会について

新型コロナウィルス感染拡大を受け、2021年5月の探鳥会は全て中止します。

ご不明な点がある場合は、メールにてお問い合わせください。

前田 s.zosterops.63@clock.ocn.ne.jp

磯部 sabannasitodo@nifty.com   

 

​2021探鳥会(バードウオッチング)予定

 
DSC_9021.JPG

ビオトープ便り

 

北九州市では環境アクティブ・ラーニングという取り組みが行われており、市内の小学四年生が環境学習施設を訪れることになっています。私たちの施設もその対象となっていて、多い年には2,000人近い子供たちを受け入れたこともありました。ところが昨年はコロナウイルスの影響で激減してしまいました。その中で来園することができた子供たちは(先生も含めて)大変喜んでいました。自然とのふれあいの大切さを痛感させられる光景でした。今年も今のところ860人ほどが来園する予定にとどまっていますが、少しでもビオトープに癒されて帰ってほしいものです

〈野鳥情報〉

3月14日ヤツガシラ、21日トラフズク、4月4日サンカノゴイを確認しました。4月7日まだヘラサギが見られています。

響灘ビオトープ ホームページ(hibikinadabiotope.com)

マナーを守って野鳥観察をもっと楽しもう

鳥たちにも鳥たちの生活があります。
お邪魔させてもらう気持ちで観察や撮影を楽しみたいものです。
では、どのようなポイントがあるのでしょう。

 

野鳥と風力発電

地球温暖化など環境問題は喫緊の課題です。

風力発電は化石エネルギーに代わるエネルギー資源として期待されています。

しかしながら設置される場所については、

生態系に影響を及ぼす可能性があるため充分な調査が必要です。

​わたしたちは、響灘洋上風力発電計画に意見書を提出するなど

生態系を守る活動を行っています。